「自動車運転支援」

Check

研究代表者:
佐藤 知正 (東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)
研究課題:
安全・安心のための移動体センシング技術

技術解説

個別適合アルゴリズムによる運転支援システムは、予防安全技術の向上・普及促進のブレークスルーになりうる技術であり、個人の運転特性や環境変化に個別適合させる運転支援系設計が求められている。
本研究では自動車の運転支援システムの個別適合化技術に目的を絞り、市街地走行の自然な運転データを蓄積し、個人の運転特性及び個別の道路環境に適合した高度運転支援システムの開発を目的としている。イベント記録型ドライブレコーダによる研究実績を更に発展させ、本研究では常時記録型ドライブレコーダをメーカと共同開発(トヨタ自動車および矢崎計器)し、通常運転データベースとの対比による危険運転検出アルゴリズムを開発した。
また、個別適合アルゴリズムに関連する知見として、市街地における運転行動データを整理するため、従来の隠れマルコフモデルを拡張し、個々の運転状況におけるアクセル・ブレーキペダル操作を確率的状態遷移モデルで表現し、系列ラベルブースティング手法に基づく実時間運転行動推定アルゴリズムを開発している。

概要図

CAN-BUSを利用した常時記録型ドライブレコーダ構成

CAN-BUSを利用した常時記録型ドライブレコーダ構成

加減速度データ履歴に基づく個別適合型先急ぎ運転検出手法

加減速度データ履歴に基づく個別適合型先急ぎ運転検出手法

危険場面再現ドライビングシミュレータによる個別適合追突警報システムの評価

危険場面再現ドライビングシミュレータによる個別適合追突警報システムの評価

論文等

  1. ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク, 水島卓也, 永井正夫:ドライバの運転行動認識に基づく直接ヨーモーメント制御, 自動車技術会論文集, Vol.38, No.5, pp.37-42, 2007
  2. Pongsathorn Raksincharoensak, Takuya Mizushima, Masao Nagai, Direct Yaw Moment Control Based on Driver Behaviour Recognition, Vehicle System Dynamics(Supplement), 2008
  3. 綱島均,林祐介,丸茂喜高,永井正夫, ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク: 多重モデルを用いた路面摩擦係数推定に関する研究, 日本ロボット学会誌, Vol.26, No.6, pp.100-106, (2008)
  4. 道辻洋平,目崎大輔,永井正夫,小竹元基,鎌田実,茂呂克己: ドライブレコーダを活用した交差点黄信号におけるドライバ挙動の分析,自動車技術会論文集,Vol.39, No.6, November (2008)
  5. 池西俊仁,町田寛,鎌田崇義,永井正夫: EEGを用いたステアリング操舵意図の推定、自動車技術会論文集,Vol. 39, No.6, November, pp.23-28. (2008)

関連特許

  1. “車両動作測定装置、車両非正常動作防止装置およびドライブレコーダ”,永井正夫,道辻洋平,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,東京農工大学,2006.7.2, 特願2006-030342
  2. “車線追従制御装置およびこれを搭載した車両”,ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク,永井正夫,東京農工大学,2006.8.20, 特開2008-44561(特願2006-223716)
  3. U.S. Patent Application No. 12/223, 594, M.Nagai, Yohei Michitsuji, Pongsathorn Raksincharoensak, A Vehicle Motion Measurement Apparatus, A Vehicle Abnormal Motion Prevention Apparatus and a Drive Recorder (4.8.2008)

関連リンク

ページの先頭へ