屋内自律型ナビゲーションシステム

Check

研究代表者:
車谷 浩一 (産業技術総合研究所 情報技術研究部門 マルチエージェント研究グループ長)
研究課題:
安全と利便性を両立した空間見守りシステム

技術解説

屋内空間においてユーザが自身の位置・移動軌跡情報を手元の情報端末装置のみで把握することができる屋内自律型測位システムを基盤システムとして、平常時には利便性を提供する平常時ナビゲーションを実行し、非常時にはIEEE 802.15.4 の無線センサネットワークを用いて非常信号を配信し、最寄りの非常口までユーザを誘導するための移動経路情報を提供する非常時ナビゲーションを実現した。
信号の一時的な欠落や雑音ならびにマルチパスに強く、設置が容易で低コストの 2.4 GHz ISM帯の無線通信デバイス(Wi-Fi、IEEE 802.15.4 等)を用いて対象の位置・移動軌跡を、連続的に、数メートル以内の誤差で計測できる頑健な測位システムの実用化レベルで完成させた。Wi-Fi ないしはIEEE 802.15.4の無線ノードを10~30m程度の間隔で設置した環境において、本システムを用いれば1~数mの精度で測位が可能であることを示した。図XX-1に、本システムの測位結果を示す。画面中央の赤丸がユーザの位置を示しており、それに付随する小さい赤点がユーザの移動軌跡を示す。時間の経過(図a→b→c→d→e→f)とともにユーザが移動しており、測位結果が更新されている。また画面の上部は、フロア全体図を示している。本システムは、横浜市みなとみらい地区のランドマークプラザにおいて動作を検証した。

概要図

屋内自律型ナビゲーション概念図

屋内自律型ナビゲーション概念図

屋内自律型ナビゲーション説明図

屋内自律型ナビゲーション説明図

非常信号の伝搬

非常信号の伝搬

論文等

  1. Kenta Oomiya, Keiji Miyanishi, Keiji Suzuki: Design of Tax Charging Players in the Tragedy of the Common, Proc. of the Japan-Australia Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems 2005 (IES2005), CD-ROM, (November, 2005. Hakodate).
  2. Kenta Oomiya, Keiji Miyanishi, Keiji Suzuki: Evolutionary Effects of Meta-agent Approach in the Tragedy of the Common, Proc .of The First International Workshop on Artificial Computational Economics & Social Simulation 2005 (ACESS 2005), CD-ROM (December 2005. Hakodate).
  3. Tomohisa Yamashita, Daisuke Takaoka, Noriaki Izumi, Akio Sashima, Koichi Kurumatani, Koiti Hasida: Realizing Context Awareness in Mobile Services Based on Lightweight Ontology, In the Proc. of The Second International Workshop on Semantic Web Technology For Ubiquitous and Mobile Applications (SWUMA),pp.34-46, 2006.
  4. Kenta Oomiya, Keiji Miyanishi, Keiji Suzuki: Balancing Sociality in Meta-agent Approach, In the Proc. of 3rd International Conference on Autonomous Robots and Agents (ICARA 2006) Palmerston North, New Zealand, pp.605-610, 12-14 December 2006.
  5. Yusuke Matsumura,Hidenori Kawamura Azuma Ohuchi, Optimizing of Growing Queuing Network with Slight Reconstruction," The Special Issue of ITSSA Journal on "Emergent Intelligence of Networked Agents, Vol. 3, No 1, 2007.
  6. Yusuke Matsumura, Hidenori Kawamura, Koichi Kurumatani, Azuma Ohuchi: Relations Between Structure of Networks and Effectiveness of Mass-User Support System, In the Proc. of International Conference on Economic Science with Heterogeneous Interacting Agents 2007 (ESHIA/WEHIA 2007), CD-ROM (2007).
  7. Mitsuru Kawamoto, Futoshi Asano, Hideki Asoh, Kiyoshi Yamamoto, Particle Filtering Algorithms for Tracking Multiple Sound Sources Using Microphone Arrays, In the Proc. of IEEE Int. Conf. Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP) 2007, Vol. I, pp. 129-132, 2007.
  8. T. Ikeda, Y. Inoue, A. Sashima, K. Yamamoto, T. Yamashita, and K. Kurumatani, "ComPass System: An Low Power Wireless Sensor Network System and its Application to Indoor Positioning", in the Proc. of the 5th International Conference on Soft Computing as Transdisciplinary Science and Technology Proceedings (CSTST 2008, Paris), ACM, pp.656-662 (2008).
  9. Yasushi Yanagita, Keiji Suzuki, "Evaluation of Mass User Support Strategies in Theme Park Problem," in Post-Proc. of the Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems International Workshop 2007 (AESCS2007), Springer, pp.43-54, 2008.
  10. 松村 有祐,川村 秀憲,大内 東: 成長する待ち行列ネットワークにおけるトポロジー生成規則の最適性, コンピュータソフトウェア, Vol.24, No. 1, pp.40-49 (2007).
  11. 川村 秀憲, 大内 東: プレミアム固定型顧客主導予約調整メカニズムとその効果検証, 電子情報通信学会和文論文誌D, Vol. J90-D, No. 9, pp. 2432-2443 (2007).
  12. 松村 有祐, 川村 秀憲, 大内 東: 待ち行列ネットワークにおける待ち時間を最小化する構造設計, 情報処理学会論文誌, Vol. 48, No. 6, pp. 2097-2105 (2007).
  13. 山下倫央,車谷浩一,中島秀之:交通流の円滑化に向けた協調カーナビの提案,情報処理学会論文誌(ジャーナル),第49巻,第1号,pp.177-188 (2008).
  14. 【受賞】平成18年 情報処理学会ITS研究会優秀論文賞,山下倫央,車谷浩一,道路交通流の円滑化に向けた情報共有に基づく協調カーナビの提案,情報処理学会ITS研究会(2007/1/26).
  15. 【受賞】平成19年度 情報処理学会 山下記念研究賞(2008年3月14日)「道路交通流の円滑化に向けた情報共有に基づく協調カーナビの提案」山下倫央(産業技術総合研究所.CREST, JST).
  16. 【受賞】平成20年 第17回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 優秀論文賞(2008年11月13日),池田剛,井上豊,山本潔,幸島明男,山下倫央,車谷浩一,微弱無線センサーネットワークシステムComPass - センサーネットワークシステムの全体構成.
  17. 【受賞】情報処理北海道シンポジウム2008 情報処理学会北海道支部究奨励賞(2008年9月19日),柳田靖,鈴木恵二,テーマパーク問題における来場者誘導調整の可能性に関する考察.
  18. 【プレス発表】「携帯情報端末で動作する屋内測位システムを開発(無線ビーコンと携帯情報端末だけで屋内の位置と移動軌跡を計測)」平成19年12月13日 科学技術振興機構・産総研共同記者発表 [pdf]

関連特許

  1. 非日常音検出システム,車谷浩一,河本満,産業技術総合研究所,H20/06/24,特願2008-164395.

関連リンク

ページの先頭へ