「東大病院におけるヘルスケアサービス(連続血圧計測)の実証実験」

Check

研究代表者:
山田 一郎 (東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
研究課題:
生体・環境情報処理基盤の開発とメタボリック症候群対策への応用

技術解説

開発を進めてきたウェラブル生体センシング技術を臨床現場で評価するにあたっては、高齢者の羅患率が非常に高い高血圧に注目して、ウェアラブル血圧センサを用いて連続血圧計測の実証実験を行っている。現在のところ、血圧測定についてはカフ血圧が絶対的な医療基準となっているため、これまで血圧変動は離散的にしか扱われてこなかった。一方、本実証実験においては大量かつ連続的な血圧データを扱うので、まずはデータを収集することが重要である。大量かつ連続的な血圧データを分析すれば、アラートを出すべき状態変化の議論につながると思われる。また、「超」短期血圧変動のように、医学的に意味のある血圧データについては、機械学習によって自動検出ができるようにアルゴリズムを組んで、実際のヘルスケアサービスにつながることを期待している。したがって、実証実験では、ウェアラブル血圧センサを用いて、実際の患者から連続的な血圧データを大量に取得し、重要な血圧変動を描出することが目的となる。
開発したウェアラブル血圧センサを血管壁硬化の進んでいる高齢者において臨床応用したところ、図に示すように医学的に意味のある『超』短期変動をはじめて捉えることができた。このウェアラブル血圧センサを用いれば、様々な環境変化やストレス下において、連続的に血圧変動を捉えることができるので、臨床診療および在宅診療で広く活用されることを期待したい。

概要図

ウェアラブル血圧センサの実証実験例(その1)

ウェアラブル血圧センサの実証実験例(その1)

ウェアラブル血圧センサの実証実験例(その2)

ウェアラブル血圧センサの実証実験例(その2)

論文等

  1. 今井 靖, 柳元 伸太郎, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, ドロネー ジャン=ジャック, 山田 一郎, 矢作 直樹, “脈波伝播速度法を応用した持続収縮期血圧モニタリング法の開発,” 第32回日本高血圧学会総会, 大津プリンスホテル, 大津市, October 1-3, 2009.
  2. 柳元 伸太郎, 今井 靖, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 矢作 直樹, 山田 一郎, “ウェアラブルな血圧モニタリングシステムの開発と応用,” 第10回東京大学生命科学シンポジウム, 東京大学本郷キャンパス, 文京区, May 1, 2010.
  3. 柳元 伸太郎, 今井 靖, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 矢作 直樹, 山田 一郎, “ウェアラブルな血圧モニタリングシステムの医療現場での応用,” ITヘルスケア学会 第4回年次学術大会, 東京医科歯科大学, 文京区, May 23, 2010.
  4. 柳元 伸太郎, 今井 靖, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, ラバ マキシム, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 矢作 直樹, 山田 一郎, “ウェアラブル血圧計の臨床応用,” 生体医工学シンポジウム2010, 北海道大学大学院情報科学研究科 情報科学研究科棟, 札幌市, September 10-11, 2010.
  5. 今井 靖, 森田 啓行, 安東 治郎, 藤田 英雄, 柳元 伸太郎, 亀山 祐美, 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 矢作 直樹, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 山田 一郎, “脈波伝播速度法を応用した持続収縮期血圧モニタリング法の有用性,” 第58回日本心臓病学会学術集会, 東京国際フォーラム, 千代田区, September 17-19, 2010.
  6. 今井 靖, 柳元 伸太郎, 酒造 正樹, ロペズ ギヨーム, 稲島 司, 亀山 裕美, 飯島 勝矢, 矢作 直樹, 山田 一郎, “脈波伝播速度法を応用した非侵襲的収縮期血圧モニタリング,” 第50回日本生体医工学会大会, 東京電機大学 神田キャンパス, 千代田区, April 29-May 1, 2011.
  7. 飯島 勝矢, 亀山 祐美, G. Lopez, 酒造 正樹, 山田 一郎, 柳元 伸太郎, 今井 靖, 矢作 直樹, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “高齢者の「超」短期血圧変動に対するカフを用いないウェアラブル血圧センサーによる有用性:高齢者血圧管理のピットフォール,” 第11回日本抗加齢医学会総会, 国立京都国際会館, 京都市, May 27-29, 2011.
  8. 飯島 勝矢, “『老化・老年病の分子機構 細胞から疾患まで』~加齢による動脈硬化の分子機序~,” 第53回日本老年医学会学術集会, 京王プラザホテル, 新宿区, June 15-17, 2011.
  9. 飯島 勝矢, 亀山 祐美, G. Lopez, 酒造 正樹, 山田 一郎, 柳元 伸太郎, 今井 靖, 矢作 直樹, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “高齢者高血圧に対するカフを用いないウェアラブル血圧センシングの有用性:いかに高齢者の「超」短期血圧変動を捕まえるか,” 第34回日本高血圧学会, 栃木県総合文化センター/宇都宮東武ホテルグランデ, 宇都宮市, October 20-22, 2011.
  10. “第34回日本高血圧学会総会の速報 高齢者高血圧におけるカフを用いないウェアラブル血圧センシングの有用性:いかに高齢者の「超」短期血圧変動を捉まえるか,” メディカルトリビューン(http://site2.mtpro.jp/jpnsh/34/contents/co16-91/), October 25, 2011.
  11. K. Iijima, “Clinical Features and Molecular Mechanisms of Vascular Aging: Impact of Vascular Calcification,” The 19th Annual Meeting of the Japanese Vascular Biology and Medicine Organization, Japanese Society of Anti-Aging Medicine Joint Symposium: Aging as a Cause of Vascular Injury, Tokyo, Japan, December 9-10, 2011.
  12. 飯島 勝矢, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “血圧変動を意識した高齢者高血圧マネージメント:血管老化・血管壁硬化から見る基礎的・臨床的アプローチ,” 第34回日本高血圧学会, 栃木県総合文化センター/宇都宮東武ホテルグランデ, 宇都宮市, October 20-22, 2011.
  13. 飯島 勝矢, 亀山 祐美, 秋下 雅弘, 大内 尉義, 柳元 伸太郎, 今井 靖, 矢作 直樹, ロペズ ギヨーム, 酒造 正樹, 山田 一郎, “高齢者におけるウェアラブル血圧センサーの臨床応用:~認知機能およびストレス感受性からみた血圧短期変動評価への有用性の検討~,” 人工知能学会論文誌, vol. 27, no. 2, pp. 40-45, 2012.
  14. K. Iijima, Y. Kameyama, G. Lopez, M. Shuzo, S. Yanagimoto, Y. Imai, N. Yahagi, I. Yamada, M. Akishita, Y. Ouchi, “Advantageous Clinical Approach of Continuous ‘Cuff-less Wearable Blood Pressure Sensing’ in the Elderly: A Close Association between Short-term BP Variability and Geriatric Syndrome,” 第76回日本循環器学会学術集会, 福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡・福岡国際センター, 福岡市, March 16-18, 2012.
  15. 飯島 勝矢, G. Lopez, 酒造 正樹, 山田 一郎, 秋下 雅弘, 大内 尉義, “カフ・レスのウェアラブル血圧センサーによる『超短期変動』を意識した高齢者高血圧マネージメント:~その有用性と今後いかに従来の高血圧治療に反映させるのか~,” 第1回臨床高血圧フォーラム, 千里ライフサイエンスセンター, 豊中市, May 12-13, 2012.
  16. 今井 靖, 稲島 司, 森田 啓行, 西村 敬史, 矢作 直樹, 永井 良三, 酒造 正樹, ロペズ ギョーム, 山田 一郎, 柳元 伸太郎, 飯島 勝矢, “心電図・脈波情報による持続的収縮期血圧推定デバイスの臨床的有用性に関する検討,” 第32回ホルター・ノンインベーシブ心電学研究会, 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター, 新潟市, June 9, 2012.
  17. 稲島 司, 今井 靖, 酒造 正樹, G. Lopez, 栁元 伸太郎, 飯島 勝矢, 森田 啓行, 永井 良三, 矢作 直樹, 山田 一郎, “脈波伝播速度法による持続的収縮期血圧推定デバイスの臨床的有用性,” 第60回日本心臓病学会学術集会, 石川県立音楽堂, 金沢市, September 14-16, 2012.
  18. K. Iijima, G. Lopez, M. Shuzo, I. Yamada, S. Yanagimoto, Y. Imai, T. Inajima, N. Yahagi, M. Akishita, Y. Ouchi, “Advantageous Approach of ‘Wearable Blood Pressure Sensing’ in Elderly: To Achieve Delicate BP Control with Consideration for Very Short-Term Variability,” 第77回日本循環器学会学術集会, パシフィコ横浜, 横浜市, March 15-17, 2013.

関連特許

関連リンク

ページの先頭へ