協調型車両位置推定

Check

研究代表者:
東野 輝夫 (大阪大学 大学院情報科学研究科 教授)
研究課題:
災害時救命救急支援を目指した人間情報センシングシステム

技術解説

本研究では,複数の車両が保持する GPS 受信機,測域センサおよび車車間通信を利用した,車両の安全走行支援アプリケーションのための協調型位置推定手法を提案する.車載器非搭載車両が混在する環境において,自車両および周辺車両の位置を高精度に推定するために,提案手法では異なる車両が保持する GPS および測域センサの異なる時間の観測結果を推定に利用する.また,中心極限定理に基づき各推定結果の精度を求めることにより,最も高精度な推定結果を車両間で共有する.性能評価により,GPS 単体と比較して平均 90% 位置精度を向上できることが示された.

概要図

論文等

  1. 藤井彩恵, 山口弘純, 東野輝夫, 金田茂, 高井峰生, "車車間通信を用いた協調型車両位置推定手法," Vol.2010-ITS-43 No.4, pp.1-8, 2010.

関連特許

関連リンク

ページの先頭へ