遠隔生体見守りシステム

Check

研究代表者:
車谷 浩一 (産業技術総合研究所 情報技術研究部門 マルチエージェント研究グループ長)
研究課題:
安全と利便性を両立した空間見守りシステム

技術解説

人の身体・活動状態を常時見守り、平常時においては日頃の活動状態を記録・解析し健康維持に関する情報を提供し、非常時には自動的に家族等へ連絡を行うサービスを実現した。1)「モバイル生体センサ」と呼ばれる、ユーザが自分で装着ないしは携帯可能な超小型・軽量のセンサデバイス(加速度・温度・湿度・気圧・心電位を同時に計測可能、Bluetoothを用いた外部通信、SDカードでのデータの蓄積、リチウムイオン電池で動作)からの情報を、2) 携帯電話等の情報端末で受信・解析し、携帯インターネット網を用いてサーバへ転送し、3) アプリケーションサーバ上で追加的な解析を実行できる。
特徴としては、データの解析を行うコンポーネントを状況に応じて動的に変更できる機能が挙げられる。すなわち、姿勢・運動状態等の活動状態の解析は、モバイル生体センサ、携帯情報端末、サーバのいずれのモジュールでも実行できる設計となっている。その目的のため、活動状態(姿勢・歩行状態・歩数・心拍数等)の解析をモバイル生体センサ内部で実行可能な設計となっている。この解析モジュールの動的変更機能により、例えば充電池の容量を考慮しデータ解析を実行するモジュールを動的に変更して、システム全体の稼働時間を最適化すること等が可能になる。
データ解析の結果(姿勢、歩行状態、歩数、活動状態、心拍数、装着状態)は、見守られるユーザの携帯情報端末で表示されるのと同時に、サーバを経由してリアルタイムで見守るユーザ(例えば遠隔地の家族)の携帯情報端末でも Webブラウザーを用いて閲覧可能である。また、非常時にはモバイル生体センサに心電位計測用の電極を追加して胸部に装着することにより、心電位を計測して遠隔地の見守りサーバへと心電位データを送信可能な設計となっている。

概要図

生体見守りシステム

生体見守りシステム

センシングデータ解析

センシングデータ解析

独居世帯の高齢者見守り

独居世帯の高齢者見守り

論文等

  1. Akio Sashima, Yutaka Inoue, Koichi Kurumatani: Spatio-Temporal Sensor Data Management for Context-Aware Services. In the Proc. of the International Workshop on Advanced Data Processing in Ubiquitous Computing (ADPUC 2006), 2006. (http://doi.acm.org/10.1145/1169067.1169072).
  2. Akio Sashima, Yutaka Inoue, Koichi Kurumatani: Sensor-Event-Driven Service Coordination Middleware for Context Aware Systems. In the Proc. of the System Support for Ubiquitous Computing Workshop at Ubicomp 2006 (Ubisys 2006), 2006.
  3. Akio Sashima, Noriaki Izumi, Koichi Kurumatani, Yoshiyuki Kotani: Towards Role-Based Agent Coordination for Mobile and Ubiquitous Services. In the Proc. of the 2nd International Workshop on Web and Mobile Information Systems (WAMIS '06), 20th International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2006) , Vol.2, pp. 262-266, 2006. (http://dx.doi.org/10.1109/AINA.2006.328)
  4. Akio Sashima, Noriaki Izumi, Koichi Kurumatani, Yoshiyuki Kotani: Dynamic Role Assignment Protocol for Pervasive Computing. In the Proc. of the Third International Conference on Information Technology: New Generations, pp. 588-589, 2006. (http://dx.doi.org/10.1109/ITNG.2006.54)
  5. Takeshi Ikeda, Yutaka Inoue, Akio Sashima, Koichi Kurumatani. Handling Spatio-temporal Sensor Data in Global Geographical Context with SENSORD. In the Proc. of 4th International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS 2007), Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 4836, Springer, pp. 33-44, 2007.
  6. Akio Sashima, Takeshi Ikeda, Yutaka Inoue, Koichi Kurumatani. SENSORD/Stat: Combining Sensor Middleware with a Statistical Computing Environment. In the Proc. of the Fifth International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2008), 2008.
  7. Akio Sashima, Yutaka Inoue, Takeshi Ikeda, Tomohisa Yamashita, Masayuki Ohta, Koichi Kurumatani. Toward Mobile Healthcare Services By Using Everyday Mobile Phones. In the Proc. of International Conference on Health Informatics (Healthinf 2008), Vol.1, pp.242-245, 2008.
  8. Akio Sashima, Yutaka Inoue, Takeshi Ikeda, Tomohisa Yamashita, and Koichi Kurumatani, "CONSORTS-S: A Mobile Sensing Platform for Context-Aware Services," in Proc. of the 2008 International Conference on Intelligent Sensors, Sensor Networks, and Information Processing (ISSNIP 2008, Sydney), pp.417-422, 2008.
  9. Akio Sashima, Takeshi Ikeda, Koichi Kurumatani: Toward Mobile Sensor Fusion Platform for Context-Aware Services, Intelligent and Biosensors, pp.67-82, 2010.
  10. Mitsuru Kawamoto, Futoshi Asano, Koichi Kurumatani and Yingbo Hua: A System for Detecting Unusual Sounds from Sound Environment Observed by Microphone Arrays, International Journal of Computer Information Systems and Industrial Management Applications (IJCISIM), Volume 1 - 2009 pp. 232–238.

関連特許

関連リンク

ページの先頭へ