「都市空間センサDBMS」

Check

研究代表者:
戸辺 義人 (東京電機大学 未来科学部情報メディア学科 教授)
研究課題:
実世界検索に向けたネットワークセンシング基盤ソフトウェア OSOITE

技術解説

近年、センサデバイスの小型化により、実世界の環境情報を安価なデバイスで取得できるようになってきている。広域に分散した様々なセンサからデータを収集して統合利用するためには、異種センサネットワークからの多様なデータを効率よく処理することのできるデータ管理機構が必要である。

我々は、オーバレイネットワークの概念に基づきセンサーデータを効率的に管理することのできる分散センサデータベース TomuDB を開発し、性能評価を行った。なお、TomuDBのアーキテクチャにはWeb APIが統合されており、一般ユーザがセンサデータを容易に統合利用できるように考慮されている。

概要図

TomuDBのアーキテクチャ

TomuDBのアーキテクチャ

TomuDBのWeb API

TomuDBのWeb API

連携のイメージ

連携のイメージ

論文等

  1. 岩井将行, Niwat Thepvilojanapong, 石塚宏紀, 中村陽一, 金井圭介, 白石陽, 戸辺義人: TomuDB: 都市空間センサ情報を扱うデータベースシステム, 信学技報 USN2008-13, 2008年7月

関連特許

関連リンク

ページの先頭へ