統合センシングデータベース
空間見守りシステム
説明
本研究は、リアルタイムで取得したセンシングデータの統合解析を用いた新しい情報サービスを単一アーキテクチャ上において提供する空間見守りシステムの実現を目標とし、平常時には利便性を提供するシステムが非常時には非常時用モードへと自動的に切り替わり安全・安心感を提供する非常時用システムとして動作するような統合システムの実現に重点を置くものである。
ユーザが使用する携帯情報端末としてスマートフォンや携帯電話等の携帯型情報端末装置を想定し、センサ情報を送受信する方法としてはIEEE 802.15.4, Bluetooth 、サーバとの通信は Wi-Fi ならびに携帯電話網上でのTCP/IPを用いて、具体的なサービスイメージとして1)平常時には利便性を提供するナビゲーションサービスを提供し、非常時には非常時用情報を自動的に配信する「屋内自律型ナビゲーション」、2)ユーザの身体状態を生体センサでリアルタイムに計測し、遠隔地の家族や医療関係者がユーザの身体状態を見守れる「遠隔生体見守りサービス」、3)危険状況の検出を行うマイクロフォンアレーと音見守りシステムを実現した。
マップから検索
研究テーマ
Copyright © 2009 sensing-db.net. All rights reserved.