統合センシングデータベース
基幹脳機能センシング
説明
情報環境と脳との不適合によって発生する特異なストレスは、生命活動を制御する基幹脳(脳幹・視床・視床下部などからなる生命の基幹的機能を担う脳部位)の機能異常を導くことが判明しており、情動・自律神経系や内分泌・免疫系の不調を介して様々な現代病の原因となります。
本研究では、安全・安心な情報環境の創出に資するために、多チャンネルバイタルセンサからのシグナルを統合することにより、小型軽量で高確度なウェアラブル基幹脳機能センシング技術を創成し、日常生活空間で簡便に使用できるシステムの実用化を目指します。
マップから検索
研究テーマ
Copyright © 2009 sensing-db.net. All rights reserved.